サイト運営のご案内 サイトマップ 資請求・お問い合わせ
UCT UNIVERSITY CO-O TOURISM
全国大学生活協同組合連合会旅行センター JATA会員 ボンド保証会員 観光庁長官登録旅行業第1642号
 
HOME 格安航空券 語学研修 テーマのある旅 個人自由旅行 国際学生証 海外あんしんサポート24 お役立ち情報
トップページ information 個人語学研修 ツアータイプ まるわかりガイド ホームステイ体験記 お問い合わせ
まるわかりガイドトップ
皆さんにご満足いただくために
参加の注意点
FAQ
情報収集編
お申し込みまでの流れ
海外語学研修フェアに行こう
体験談
海外でインターネット
オリエンテーションに参加しよう
出発前の準備
大学生協からのご案内
*
体験談
ホームステイ体験記 過去のホームステイ体験記
TOP | 体験談1 | 体験談2 | 体験談3

* 収穫編
向こうの人は察してくれるなんてないから…自分のやりたいこと、話したいことを積極的に言えるようになろう。
学ぶのは英語ではなく、話す、伝えること。

大好きなカフェには毎日通っていました。

ー2週間という短い期間での語学留学でも、彼女は現地の人と触れ合い、会話も楽しんだ。

「語学留学で英語の授業を長く取りたい、と考えている人も多いと思う。でも留学の期間が2週間、4週間でも、たとえ半年でも、英語のレベルがすごく上がるかといえば、私はそれほどではないと思うのです。言葉(英語)を、学ぶには限界があるので、それよりも自分の英語力だけで、現地できちんと生活できたことが何よりの自信になると思います。英語って、飽くまでも言語なので、あとはコニュニケーションが大事。“話す・伝える”が重要。文法が滅茶苦茶だろうが、伝えたいことを自分らしく、楽しく話せればいいと思うのです。せっかく外国に行くなら、留学先でしかできないことを学んでほしい。例えば、人脈を広げるとか。どこでどんな人と出会うか、それが将来何かに役立つか、なんて分からない。だから、きっかけは自分で起こさないと!日本人はつい“私なんか…”という気持ちに陥りがちですが、そんなことを考えていたら、1〜2週間なんて、すぐ終わってしまいます。少しでも自分のやりたいこと、話したいことを積極的に言う。『言わないと伝わらないですよ』、向こうの人は察してくれるなんてないから…」

ー帰国後の彼女は、その言葉通りに変わった。

「今までは自分より英語力がある人がいると、私は文法が出来ていないので“恥ずかしい”“自分はできない”と自分の考えを持っていても発言することができませんでした。でも今は違います。とりあえず自分の英語が人に通じることが分かったので、少しぐらい文法が間違っても“まずは伝えよう”と考え、最近は授業中でも発言できるようになりました。積極性が出てきたと感じます。これからも人との触れ合いを大事に、もっと語学力を磨いて、グローバルな力を身に付けられたらいいと思います」

ーそう語る彼女の笑顔から、2週間の語学留学の自信と充実感が伝わってきた。

ちょっと贅沢して友達と食べたロブスターサンド!

TOP | 体験談1 | 体験談2 | 体験談3
上へ
  利用条件一覧個人情報保護について| Copyright ©UNIVERSITY CO-OP TOURISM. All Rights Reserved.