サイト運営のご案内 サイトマップ 資請求・お問い合わせ
UCT UNIVERSITY CO-O TOURISM
全国大学生活協同組合連合会旅行センター JATA会員 ボンド保証会員 観光庁長官登録旅行業第1642号
 
HOME 格安航空券 語学研修 テーマのある旅 個人自由旅行 国際学生証 海外あんしんサポート24 お役立ち情報
トップページ information 個人語学研修 ツアータイプ まるわかりガイド ホームステイ体験記 お問い合わせ
まるわかりガイドトップ
皆さんにご満足いただくために
参加の注意点
FAQ
情報収集編
お申し込みまでの流れ
海外語学研修フェアに行こう
体験談
海外でインターネット
オリエンテーションに参加しよう
出発前の準備
大学生協からのご案内
*
体験談
ホームステイ体験記 過去のホームステイ体験記
TOP | 体験談1 | 体験談2 | 体験談3

* 暮らし編
私の今回の目的は観光ではなかったので現地の人と話ができる機会があれば、どこでも良かった。 後半の1週間は3人で仲良く買い物を楽しみました!
"uncomfortable”と感じたら、すぐに逃げて!

ー一人でアクティブに行動し、積極的に現地の人とのコミュニケーションをとっていた彼女。ただここは、外国。学校の先生にもマザーにも、到着初日にくれぐれも周りの注意を怠らないように。“uncomfortable”と感じたら、すぐに逃げて。すぐに行動を起こすことが大事との忠告は受けていた。その注意は怠っていなかったが、それでも怖かった出来事があったという。

「3日目、通学時のことでした。電車の中で遠くに座っていた黒人の方が、わざわざ私の隣に近づいてきたのです。フードを被って、リュックを背負った人でした。隣でずっとガサガサしていて、内心『これは怪しいな』と思ったのですが、そういう時ってなかなか動けないものですよね。しかもその人の外見だけで判断している自分が嫌だな、と考えてしまって、降りるべきか迷っていたのです。そんな時、たまたま向かいに座っていたお婆さんが、『この人があなたの隣に来たのは、おかしいと思うよ”と携帯で忠告してくれたのです』。それでお婆さんと無難な会話をして、さりげなく次の駅で降りました。本当にあの時は怖かったので、お婆さんには感謝です」

 

ー日本人は気遣いからか、相手になかなか“YES・NO”が言えない。それを現地に人は嫌う。はっきり意思表示をすること、不快と感じたら、すぐ行動することの重要性を彼女は身を以て学んだ。

バルボアパークにある『サンディエゴ美術館』で美術鑑賞!

TOP | 体験談1 | 体験談2 | 体験談3
上へ
  利用条件一覧個人情報保護について| Copyright ©UNIVERSITY CO-OP TOURISM. All Rights Reserved.