サイト運営のご案内 サイトマップ 資請求・お問い合わせ
UCT UNIVERSITY CO-O TOURISM
全国大学生活協同組合連合会旅行センター JATA会員 ボンド保証会員 観光庁長官登録旅行業第1642号
 
HOME 格安航空券 語学研修 テーマのある旅 個人自由旅行 国際学生証 海外あんしんサポート24 お役立ち情報
トップページ information 個人語学研修 ツアータイプ まるわかりガイド ホームステイ体験記 お問い合わせ
まるわかりガイドトップ
語学研修を成功させるために
参加の注意点
FAQ
情報収集編
お申し込みまでの流れ
海外語学研修フェアに行こう
体験談
海外でインターネット
オリエンテーションに参加しよう
出発前の準備
大学生協からのご案内
* 海外でインターネット
どうすればいいの? 海外のインターネット利用。

インターネット、SNSやスカイプなど、もはや、なくてはならない現代の必需品とも言われています。そこで、気になる海外でのネットをレポートします。“せっかくの貴重な体験なんだから、ちょっとぐらい我慢すれば!”という考えも当然あるけど、 そんな人もぜひ参考に読んでみて!
ステイ先ではネット環境も異なります。ホストファミリーの私物でもありますのでホストファミリー宅ではインターネットは使えないものと思って下さい。


海外でインターネットをするにはどうすればいいの?
普段インターネットを頻繁に利用している場合、海外に行ってもその状態を維持したいと思う人は多いでしょう。
しかし、海外では日本のような定額制ではなくパケット量(データ量)を制限している契約の家庭が多いのが現状。
日本の光回線に慣れている場合、気軽に動画や音楽のダウンロードができず、海外でのギャップに驚かされる場面も多々あります。海外でインターネットをする方法としては、
  1. 語学学校のパソコンルームを利用する 現在、大抵の語学学校では日本語が使えるパソコンを複数台保有し学生に開放していますので、日本のご家族への連絡や宿題などの調べものに使用できます。手軽に利用できる最も一般的な手段です。
  2. ご自身のスマートフォン・タブレット・パソコンを持参して、学校の無線LAN環境を利用する。語学学校は無線LANを学生に開放している為、学校スタッフにアクセス方法を聞けば無料でインターネットが可能です。
  3. SIMフリーの端末があれば 現地のプリペイドSIMカードを入手することでWi-Fiを利用することができます。短期の語学研修でたまに使う程度であれば十分活用できます。但し、カードには種類や購入条件等があるので、インターネットで調べたり、現地学校スタッフに相談すると良いでしょう。学校の無線LANと併用して使えば、カード容量の節約にもなるでしょう。
  4. 日本に居る時と同じようなネット環境が欲しい場合 海外レンタルWi-Fiルーターを持参しましょう。ネット環境が異なる海外では、レンクルルーターがあれば街中でもホームステイ先でも気兼ねなくネットが出来て便利です。
*大学生協では「テレコムスクエア」のモバイルWi-Fiレンタルをお勧めします。滞在期間やレンタル機種、定額や日割りなど利用条件により料金が異なります。
(注)海外でも日本と同じようにファーストフード店や施設などで「無料Wi-Fiスポット」が存在しますが、セキュリテイがかかっていないスポットの場合、マルウェア等に感染したり、個人情報が流出する可能性があります。必ずセキュリテイのかかったアクセスポイントを使いましょう。


学校のパソコンとインターネットカフェ、どっちが便利?
みなさんが現地で通う語学学校の多くは、インターネットができるパソコンルームを設置しているケースが増えてきています。一部有料のところもありますが、ほとんどの場合が無料で利用可能。ただし、台数が限られいつも満席のことが多く、競争率が高いのが難点です。それに対し、誰にも気兼ねなくインターネットできるのがインターネットカフェ。皆さんが通う語学学校の周辺都市ならたいていの場合どこにでもあり、比較的手ごろな料金で利用することができます。ただし、日本同様、インターネットカフェにおいて、他人のID・パスワード等の個人情報を盗み、不正アクセスする等の行為が行われる可能性があります。利用の際には、大切な個人情報を守るために、以下の事項について確認するようにしましょう。
  1. ログインしたサイト(Webメール等)では、ログアウトをしたか
  2. IDやパスワードの痕跡を消去したか
  3. 履歴とCookieを削除したか
  4. ごみ箱の中は空になっているか
結論:語学学校のパソコンは便利だが、台数に制限があるので要領よく使おう。ゆっくりインターネットがしたいならインターネットカフェや、公共の図書館がお勧め。どちらも個人情報には注意して、上手に利用しよう。

学校のパソコンやインターネットカフェでEメールを利用するには?
海外でメールをしたい場合に便利なのが、WEBメール(HotmailやYahooメール等)。Webブラウザーを利用してメールの送受信が出来るので、インターネットに接続されていれば、メールソフトが無くてもメールの読み書きが出来て便利です。最近では、WEB上に無料のディスクスペースが出来るものもあるので、出発前に写真などを入れておいて、海外でディスクスペースからダウンロードして見るといったことも出来ます。登録料が無料でプロバイダーの変更等にも影響を受けないのも魅力です。

結論: 旅行前に日本でしておくこと→WEBメールの登録をしておきましょう。自分で決めたWebメールのサイトのホームページで、ページに従って登録して下さい。ユーザー名、メールアドレス、パスワードと、Webメールのホームページのアドレスをしっかり覚えておいて下さい。


日本語でメールやインターネットをするにはどうすればいいの?
近年、パソコンはマルチランゲージになっておりますが、海外のインターネットカフェのパソコンには、日本語が使えるパソコンを置いている所はあまりありません。Microsoftの「Global IME」をインストールすれば、WebやWeb上で日本語のホームページも見れます。但し、セキュリティの関係上、勝手にソフトをインストール出来ない場合が殆どなので、インターネットカフェの店員に日本語が使えるようにしてもらうか既に日本語環境が導入済みのパソコンを使わせてもらう必要があります。

結論: 日本語環境でパソコンを使用したい場合は、まず現地で確認しましょう。


ホストファミリー宅でインターネットをしたい場合は?
近年、インターネット環境のあるホストファミリーが増えてきておりますが、家庭により使用環境や契約環境が異なります。日本のような定額制で契約している家庭は非常に少なく、パケット量(データ量)が直接通信料に影響する場合が殆どです。インターネットの利用が少ない家庭では、遅い回線や従量制の契約をしている場合もあります。無料で使用させてもらえる家庭もあれば、滞在中の通信費用を支払う家庭もあります。まず、ご自身がパソコンやスマートフォン等でインターネットを利用したい場合は、モバイルWi−Fiルーターや現地でプリペイドSIMカードを利用するなどして対応しましょう。
もしホストファミリー宅のインターネット回線を使用させてもらえる場合は必ずホストファミリーにその旨を伝え、その家庭のルールを確認しましょう。
*無料で使用させてもらえる家庭でも、それはご厚意なのでお礼やお返しを忘れないようにしましょう。



※この情報は2017年4月現在のものです。
上へ
  利用条件一覧個人情報保護について| Copyright ©UNIVERSITY CO-OP TOURISM. All Rights Reserved.