毎年200万人を超える人たちが世界遺産「アウシュヴィッツ」を訪れています。さまざまな国や民族の人々が、ここで「人間」がつくり出した悲劇に思いをはせます。科学技術、医学、芸術、法律、信仰……すべてが間違った方向にねじまげられた悲劇的結果が、ここほど雄弁に平和の切実さを語りかけてくる場所はありません。この場所に立ってみると、きっと皆さんの価値観がゆさぶられることでしょう。政治も経済も、私たち一人ひとりの暮らしも、ますます地球規模で密接に関わり合っていきます。私たちはどのように、この共生の時代を歩んでいけばいいのでしょう。今なお続く差別や暴力、紛争に、どう向き合っていけばよいのでしょう。“人間を知る”、“世界を知る”旅に一緒に出かけましょう!

パンフレットはこちら

2018年2月参加 早稲田大学法学部2年 ゆきひろさん 

 ツアー前、まだ一度も会ったことがない方たちと旅行するという点で、緊張した気持ちも抱えていました。ですが、初日から多くの方と話をすることができ、すぐにみんなと打ち解けることができました。
 ツアーメイトの大学・学部も多種多様で、将来の目標も人それぞれ異なっていました。自分が今まで知らなかったことを知ることができ、みんなの将来の夢・現在世界 で起こっている出来事に対しての考えや思い・普段の大学生活の様子を聞くことができました。毎日、みんなと話していて、本当に良い刺激を受けました。(中略)
 毎日起こるハプニング・みんなで乗った寝台列車・きれいな街並みに囲まれながら、たくさん歩き(走り)回って楽しかったプラハ散策・たくさんの名所に行くことのできたベルリン観光などなど数えきれない思い出ばかりです。料理も、3か国ともとてもおいしかったです。
 最高のツアーメイトに出会えたことも本当に幸せです。時には本音で話し合うことができた個性豊かな最高のメンバーです。また、みんなでどこかに出かけたいです。ぜひ、多くの方々にこのヨーロッパピーススタディツアーに参加してほしいです。

 

2018年2月参加 早稲田大学文化構想学部2年 ゆいさん

 自分の考えや視野が広がったこと、人との出会いがこの旅で一番大きく得たものだと強く思います。
 私は自分の考えを言葉にしたり表現するのに苦手意識があり今まで積極的にできていませんでした。周りの意見を聞くことが大事だと、言い聞かせて逃げていることもありました。でもそれはダメなのだと今は思います。考えることを放棄して周りの考えに従い続けた結果がホロコーストや多くの犠牲を生んだと学んだからです。たとえ 自分が少数派であって反対の声が多かったとしても声をあげ続けた人たちのおかげで、その考えや行動を記録として残し、昔の過ちを認め今度に活かしていこうとする姿 勢が作られているのだと感じました。私はそのような姿勢をずっと持ち続けられて、自分の意見を臆することなく伝えられる人になりたいです。ではなく、いつか絶対なります。今までの自分だったらこんな決意をしてもすぐに諦めてしまっていたと思います。でも今はそうは思いません。このツアーで出会ったみんなに胸を張って会えるような人でいたいと思うからです。

お申込みは各生協店舗窓口、またはトラベルサポートセンターにて承ります。
在籍される大学に生協店舗がない場合は、インターカレッジコープでのご加入・お申込みが可能です。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

※ 大学生協の旅行商品は、全国大学生活協同組合連合会に加盟の大学生協組合員 及びそのご家族様がご利用いただけます。