“プチ先生体験”してみませんか?
本プログラムは子どもたちの笑顔と未来をつくる活動です。
現地ではカンボジア農村地帯の子どもたちに2週間、日本語/英語の基礎を教えます。一緒に遊び回ったりして仲良くなります。
どうすれば「わかりやすく」「楽しく」授業ができるか、事前に考え準備します。

パンフレットを見る

 

茨城キリスト教大学1年 女子T・Hさん

「私は先生なんだ」と実感
友好学園での生活は午前中が授業だった。授業は緊張と不安でいっぱいだった。しかしそんな不安もすぐになくなった。カンボジアの子どもたちは私たちの授業を真剣に聞いてくれたからだ。わからないことがあると「先生!」と呼んで聞きに来てくれる。どんなに盛り上がらない授業でも必死に学ぼうとしてくれた。私は「先生!」と呼ばれるたびに「私は先生なんだ」と実感し、もっと頑張ろうと思えた。少しでも子どもたちが楽しめる内容にしようとアシスタントの子にアドバイスをもらいながら夜遅くまで考えた。学ぼうとしてくれている子どもたちがとてもかわいくて、いつの間にか授業を行うことが楽しくなっていった。

【茨城キリスト教大学1年 男子S・Sくん】

毎日新しい発見がある
人生で初めての海外。観光ではなく実際に現地で生活することでとてもディープな異文化体験ができた。今までは視野が狭く、日本を基準に物事を考えていた。日本ではボタンを押せば自分が動かなくても簡単に機械がいろいろやってくれる。友好学園では洗濯・掃除などを自ら行うことで生活に役立つ知恵や工夫、物の大切さなどをよく学ぶことができた。また、日本では街を歩いていて知らない人に話しかけられたりすることはあまりないが、カンボジアでは街の人々や子どもたちは優しく私たちに接してくれた。そこに日本にはないカンボジア人の温かさを感じた。私がまた行きたいと感じるのはそういったカンボジアの良さや毎日新しい発見があることが楽しいからである。


お申込みは各生協店舗窓口、またはトラベルサポートセンターにて承ります。
在籍される大学に生協店舗がない場合は、インターカレッジコープでのご加入・お申込みが可能です。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

※ 大学生協の旅行商品は、全国大学生活協同組合連合会に加盟の大学生協組合員 及びそのご家族様がご利用いただけます。